東京整体足のしびれ

 

 

足のしびれの整体について

 

*足のしびれのいろいろ

 

 最初は何となく足を接地させる時に、皮膚感覚が鈍くて違和感を覚えるのが初期症状です。

 

 そして、だんだんと、足に力が入れずらい感じがしたり、酷くなると、お風呂に足を入れた時に、温度感覚がわかりずらいなどの経験をします。

 

 

東京整体足のしびれ

 

 

 一般的には、足へ行く、特に座骨神経の圧迫で起こりますが、圧迫しているものが筋肉なのか骨なのか、または椎間板なのかによって呼び方がかわります。

 仮に筋肉の場合、圧迫が頻繁に起こるのは、臀部にある梨状筋という筋肉ですが、これは、座骨神経痛の原因になることが多いトラブルメーカーです。頻発することから症候群にもされており、これを「梨状筋症候」と呼びます。

 

 

 

東京整体梨状筋

 

 

 

 勿論この場合、梨状筋の緊張を解放してあげれば済むことですが、問題は、梨状筋だけの問題ではなく、骨盤の真ん中にある仙骨の傾きによって引っ張られていたり、椎間板の破壊が原因で起こる場合があります。

 

 骨の場合、年輩であれば、背骨が変形して、それが足へ行く神経に触れてしまう事で痺れが起こります。

これを変形性脊椎症と呼び、背骨の内部が狭くなる事で起こるものを、脊柱菅狭窄症といいます。

 

 また、足先や踵に痺れがある場合、足首で圧迫が起こっていることも見られます。

 

 どれも、足のしびれの症状に繋がりますので、原因は多岐に渡ります。

 

 

 

 

 

*整体で行われること

 上記に挙げた部分をチェックして、適材適所に適した施術方法で神経圧迫の解放を行います。体のパターンによっては、数回の施術を要することもありますが、おおむね軽度の痺れであれば、比較的簡単に改善が見られるようです。

 椎間板ヘルニアによって起こっているものは、椎間板の破壊具合によって、回数もそれ相応に必要となってきます。

 

 

 

 

*まとめ

 痛みと比べて痺れの場合、比較的我慢しやすいことからか、症状が出てからかなりの時間が経過して起こしになる方が多く見受けられます。

 しかし、痛みは神経系統によって脳へ伝えられ、感じているわけですが、痺れの場合は、痛みすらも伝えられない状況で、度合いでいうと「しびれの方が重度」です。放っておいていいことはありませんので、早めのメンテナンスを行うべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

広域地図


大きな地図で見る