東京整体椎間板ヘルニア

 

 

椎間板ヘルニアの整体について

*椎間板ヘルニアでご利用の場合

 椎間板とは、背骨の一個一個の間にある、クッションのようなものです。この椎間板の中には、衝撃を吸収するために、「見た目ゼリーに似た物質」が中心部に入っています。

 正常であれば、このゼリーのような物質は、椎間板の中央部分に収まっていますが、これが長期的な背骨の歪曲によって、体重と足から伝わる衝撃で破損してしまう現象です。

 

 

 

東京椎間板ヘルニア

 

 

 よって、重力の配分が中心から離れている人や、体重が重い人、運動選手は、そうでない人よりも多く発症することになります。

 

 自覚症状として一番多いのは、神経の経路である部分の突っ張り感や、痺れ、知覚の異常、筋力の弱化が起こります。これは、椎間板の中心から外に飛び出たゼリー状の物質が、直接神経を圧迫するからです。

 

 椎間板が完全に破壊されていない時期にはギックリ腰を何度か繰り返した経歴がある方が多いようです。

 

 それと、椎間板ヘルニアの方は、ゼリー状の物質が飛び出た反対に姿勢が傾くことが殆どです。

 

 飛び出た方向に姿勢が傾くのは、比較的重度な椎間板ヘルニアの方が多いです。

 

 

 

 

*整体で行うこと

 椎間板ヘルニアは、中長期に渡って、偏った姿勢で生活して破損するものです。つまりは、重力に対して無理のある状態であるということにもなります。

 その無理のある姿勢を、無理の無い効率的な姿勢にあることにより、椎間板ヘルニアは自然と回復してゆきます。

 患部には直接施術することは殆どありません。

 

 

 

 

*まとめ

 椎間板ヘルニアは、重力に対してバランス良く立てない人が多く患います。その為、整体としての施術も勿論ですが、普段でも綺麗に立てるエクササイズと共にお教えしてゆきます。

 そもそも、そうなる前にしっかりメンテナンスをする必要があるということでもありますが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

広域地図


大きな地図で見る