東京肩こり

 

 

肩凝りと整体について

 

 *肩こりの色々

 腰痛の所でも触れましたが、人間の足は二足歩行で絶妙なバランスを取って立っています。

 

 それはまるで、綱渡りのようです。

 

 大げさに聞こえるかも知れませんが、立っている以上、常にバランスの取り方は「綱渡り」です。

 

 

 

東京整体肩こり

 

 

 このように、肩は体幹の曲がりや捻れを補正して、バランスする役目があるわけです。

 

 揉んでも運動しても休暇をとっていても、一向に肩凝りが良くならないのはそのためです。

 

 また、肩こりの人は、バランスの問題の他、肩をぶら下げている肋骨に原因があることもしばしば。特に内臓の位置異常に伴って、呼吸が制限され、肋骨が綺麗に動かなくなっているのです。

 

 肋骨が扁平になればなる程、左右の肩の位置が変わります。

 

 

 

 

*整体で行うこと

  重力バランスを取ることが第一条件ではありますが、上記に書いたように、内臓→肋骨の扁平によって、補正とは別に、肩の左右の位置異常を強いられている場合もあります。その場合には、内臓の調節を行うことになります。

 

 

 

 

 

*日常生活の注意点

 

 皆さんに、肩こりを「自分で治す方法」を聞かれることが多くあります。

 

 これは私の持論でして、今まで他で同じことを言っている人は今のところ見かけない肩こり改善方法をご紹介します。

 肩こりが重力バランスによるものであれば下記のように、わざと不安定なところで腕を使ってバランスを取ってみてください。

 

 

東京整体須ラッグライン

 

 

 

 これによって、腕の動きや肩の動きの重要性を知ることができます。

 

 最近ではスラックラインという少し太めのベルトを歩くという遊びがありますが、工夫をすれば、ここまでシビアなバランスでなくてもOKです。

 

 昔、小学生の時に、平均台という木の上を、誰が一番速く歩けるかという遊びをやっていましたが、あれはまさに肩こり改善運動だったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広域地図


大きな地図で見る