東京整体腱鞘炎

 

 

腱鞘炎の整体について

*腱鞘炎でご利用の場合

 腱鞘炎は、急性期と慢性期が顕著です。

 急性期には、特定の指や手首の動きで痛みがあらわれ、酷い場合には、ペットボトルのキャップや、雑巾を搾ったりする力の入れ方ができません。

 

 名前の通り、腱をおさめる鞘(さや)に炎症が起こっているわけですが、炎症の度合によっては、ここに引っ掛かりが起こってしまい、滑らかな指の動きが阻害されてしまいます。

 そうなると、ある一定の範囲内で、カクンと指が弾かれるように動き、なんとも言えない違和感があります。

 これを「バネ指」といいます。

 

 

東京整体腱鞘炎

 

 

 

 

 腱鞘炎は、きわめて慢性化しやすいもので、1度治ったと思っても、使いすぎたときには、またなってしまう傾向にあります。

 

 殆んどの場合、腕の回転制限や、肩、肩甲骨、頚の骨の固さがみられます。

 

 一般的には、使い過ぎが腱鞘炎の原因ともいわれています。

 しかし、確かに酷使する人はなりやすい傾向にはありますが、私はそのようには思っていません。

 何故なら、ハードに弦楽器をやられている方でも、全く平気な人はいくらでもいますし、編み物を沢山やられる方でも、腱鞘炎になったことがない人は沢山います。

 私が着目している点は、頚椎部分から手までの神経経路であって、指先まで圧迫がなく、神経情報が末端の先まで届いているかというところです。

 もしも途中で圧迫があると、筋肉への運動指令が阻害され、力が入りずらくなります。そのため、日常の作業でも、腕や指に力が入りずらくなることから、相対的に負荷の度合が増すのです。

 

 本来正常な神経伝達を確保されていたならば、人間の指や腕は、とてつもない負荷に耐えられます。

 例えば、ロッククライミングで指先で体を支えられる能力をみても、そうそう簡単には腱鞘炎にならないはずです。

 

 

 

 

 

 *整体で行うこと

 手指に神経を巡らせている、根幹の経路に圧迫がないかをチェックします。特に頚椎部分と上部の胸椎部分(頚の下で肩甲骨の上の方)に、正常とは違った不整列が見られる場合が殆どです。

 ここの部分は、肩をつるす大事なハンガーのフック部分に相当します、よって、この部分が捻れたり、傾いたりすれば、自ずと肩甲骨や、腕の位置関係が変わるのです。

 肩は体幹にぶら下がりながらバランスを取っています。そのぶら下がる部分の異常は肩や腕にとっては致命的なことです。

 例えば、クレーン車の地面が平行でなくては、重い荷物も吊るせません。吊るせないにも係わらず、持ち上げようとすれば、車輌ごと横転します。同じように、腕(クレーン)の土台であ上胸椎部分は、腱鞘炎の施術にはとても大切なところになります。

 

 

 

 

 

*まとめ

 腱鞘炎は、その痛みのある部位には殆ど原因はありません。手術をされる方もおりますが、狭い視野で見ることをやめれば、可能性も沢山あるはずです。

 特に腱鞘炎はその一例であり、肩、肩甲骨、その土台の上胸部を正すことは最低限試してみる価値はあると思います。

 

 

 

 

 

 


 

 

広域地図


大きな地図で見る