東京股関節

 

 

股関節痛の整体について

 

*股関節痛のいろいろ

 

 まず、股関節の位置から確認してみましょう。

 

 

東京股関節痛

 

 


 骨盤部分の腸骨と関節を作るのが股関節です。しかも、全身の中では最も大きな関節になります。

 可動する範囲が、肩についで大きく、この股関節に比べ、隣接する腸骨や腰椎は、それほど大きな可動域を持っていません。

 つまり通常は、腸骨、腰椎の動ける運動範囲以上のについては、股関節が担っているわけです。

 

 では、股関節に痛みがあるという事はどういう事でしょうか?

 

 股関節は地面に足が着いていなければ、負荷がなく比較的自由に回せます。

 しかし、立っているときはどうでしょうか?自分の体重が股関節を圧縮してるため、足を浮かせて動かすか、フラフープを回す動きのように、股関節よりも上の構造を動かさなければなりません。

 

 よって股関節は、骨盤や腰椎、若しくはそれより上の構造体の歪曲に影響を受けます。

 

 例えば、骨盤が捻れた状態だとしたら、股関節も捻れた状態で、体重の圧縮を受けてしまうわけです。ですから、病的なもの以外は、股関節単体の問題であることは少ないようです。

 

 それと、股関節でよくあるのが、生まれつきの形成不全です。

 こちらの場合は、根本的な解決は難しいですが、経験上、腰椎と骨盤を、その方の持った関節の位置関係に戻せば、私生活で良好な状態を保てるようです。


 

 



*整体で行うこと

 私の場合、股関節の位置関係を正すためにまず、股関節の受け口がある「腸骨」を無理ない位置に整えます。腸骨は、漢字の通り、腸を支えている骨です。よって、内臓の位置関係にも着目します。

 

 

 

 

*まとめ

 股関節の厄介なところは、体の重さが関節を圧縮しているところです。重心が乱れれば、股関節は素直に乱れた場所で圧縮を受けるのです。

 大人の殆んどは、長期的にクセとなった姿勢で股関節が圧縮されており、周囲組織が固着している場合があります。

 

 

 

 

 


広域地図


大きな地図で見る