東京整体鞭打ち

 

 

むち打ちの整体について

*むち打ちでご利用の場合

 むち打ちは、交通事故の追突のような、大きな力が急激に加わった時におこります。

 頚椎の捻挫のようなものですが、やっかいなのが、それだけ大きな力が加わったにも係わらず「頚にしか問題が起こっていない」という医療者側の胆略的な見解から、治療そのものが頚にだけ限局してしまうことです。

 

 軽度の場合、それでも症状は改善しますが、殆どの場合、頚より下の構造も崩れています。

 

 

東京整体むち打ち

 

 

 特に、頚椎の土台は、頚の下にある胸椎(肋骨を有する骨)であり、更にその胸椎の土台は腰椎、そして更にその土台は骨盤になります。

 

 症状は、多岐にわたりますが、一般的には「頚の痛み」「頭痛」「肩こり」「手の痺れ」「耳鳴り」「吐き気」などがあります。

 

 また、正確な数字は把握されていませんが、「脳精髄減少症」という、中枢神経の周りを流れている、脳脊髄液が、囲いに穴が空くことで漏れ出す現象も起こります。

 これは、「頭痛」や「うつ」「脱力感」などの他、神経機能全体に異常を起こす、極めて診断に難しい厄介なものです。

 

 

 

 

 

*整体で行うこと

 事故の状況にもよりますが、頚椎のみならず、頚椎を支える土台で、どこまで影響が及んだのか?そしてそこに的確に調整を行えるか?というのが、むち打ちの施術のポイントになります。

 頚が痛いから頚に何かをするのは当たり前な治療ですが、それで治るのは軽度のもの。ですから、長期的な不調が多くなるわけです。

 東京整体GEN流院では、このような足先から全身の歪みのパターンをみます。こういった外力が加わったものには、必ず変な歪み方をするものです。

 

 

 

 

*まとめ

 むち打ちは、原因が大きな外力が加わった場合になりますから、まずは外科的な原因がないことを病院で診断してもらいましょう。

 その上で、事故の外力がどこまで及んだのかを的確に読み取り、それら全部を整えることがj改善への近道です。整体では、頚の牽引や固定する方法は好みません。ある程度の炎症が治まれば、正常な構造体に整えて、可能な限り動くことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広域地図


大きな地図で見る