妊娠中の整体について

 

 

腰痛の整体について

 

*妊娠中の整体いろいろ

 

 妊娠中に整体を受けるのは良くないと思われている方が多いようですが、逆にどんどん調整をしてもらうべきです。

 

 但し、前提条件として、当院のように、押したり捻ったりしない整体にして下さい。

 

 念のため安定期と臨月には避けておくのが無難です。(仮に私の親族であれば、時期など関係無しで毎日でもやります)

 

 

 ご存知のように、妊娠中は、日に日に母体にも胎児にも変化が訪れます。

 

 胎児側の目線からいうと、子宮のスペース内で成長できているうちは、ストレスはありませんが、ある段階から子宮を押し広げて成長しなくてはなりません。それもまた、細胞分裂には必要なストレスではありますが、曲がった状態でのストレスは、歪曲したストレス刺激になります。

 

 

妊娠中の整体

 

 

 

 例えば、産後の頭蓋骨の扁平や側湾症は、骨の発育段階の膜の状態による変型です。

 つまり、子宮を押し広げている段階での成長は、出産後の先天的な歪みになりえるのです。

 

 よく言われる「左右の足の長さの違い」も、この時期に決定されているわけです。

 

 ですから、特に母体の骨盤の歪曲状況や、身体の不均衡は、少なからず胎児にも影響があるわけです。

 

 また、産後の整体もかなり有効です。出産時には、大量の靭帯を緩ませるホルモンが分泌します。これにより、骨盤のみならず、全身の予期せぬ歪みを形成してしまいます。

 

 子供の方も、当院では首のすわった段階で通われている方が多くおられます。

 

 前記したように、母体内はかなり窮屈なものです。産後に解消できる歪みも沢山あります。それと、出産のときに、首を捻られてしますケースがあります。これは、頚椎の歪みとして残る可能性があるため、早期に解消しておくと良いでしょう。

 

 

 

↓出産までの簡略動画がありましたご参考までに

 

 

 

 

 

*整体て行うこと

 全身は筋肉の膜に覆われており、部分的な歪曲は全身の歪曲を意味します。

 これを利用して、あえて胎児の周辺を触らずとも、全身の調整は可能です。主に、足や手、頭を調整することになります。

 

 

 

 

*まとめ

 母体の歪曲は、胎児にも歪曲の適応を強いります。それでも十分に健康に子供は育ちますが、母体内では水中生物そのものです。しかし、産後は陸上生物として、重力に対して自重を支えなければなりません。重いものを持っても腰痛にならない人と、普通に生活をしているのに腰痛になってしまう人の差は、母体内での歪曲が大きく影響しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広域地図


大きな地図で見る