東京整体四十肩五十肩

 

 

四十肩・五十肩の整体について

*四十肩・五十肩でご利用の場合

 

 肩の関節は不思議な構造をしており、丸が窪みに入った形をしていません。よって、関節構造で固定される性質がないことから、脱臼しやすい部分でもあります。

 

 しかしその反面、固定されていない分、大きく腕を回す事が可能になりました。進化の過程で、腕を使って作業する方が、優位に生き残れたのでしょうね。

 

 お陰でこうやってPCのキーボードを打てるまで文明も発達しました。

 

 これらのことから、肩の関節は「半関節」であり、腕、肩、肩甲骨、鎖骨の関節が、それぞれ違う運動範囲を担い、協調しあって働いています。

 

 四十肩、五十肩には厳密な差がありません。英語圏では、フローズンショルダーと呼ばれており、イメージがしやすいので、私はそちらを多用しています。

 

 正し、50歳代のフローズンショルダーは、慢性化しやすい傾向にあります。逆に40歳代の場合、痛みは強いものの、経過は良いように思われます。

 

 病院では肩関節周囲炎と呼ばれます。まぁ、原因が特定されていない分、「周囲」という曖昧さが伺い知れますね。痛いけどよくわからないから運動療法になる。酷ければ痛み止。

 

 四十肩(五十肩)は、ある一定の肩の可動域を越えると、急に痛みが出るもので、肩の炎症が酷くなると、夜も眠られない痛みに襲われます。

 

 そういう方は、たいてい「布団を肩まで掛けても肩先が冷える」と訴えます。

 

 注意しなくてはならないのが、肩関節に、カルシウムを含む石灰が沈着している場合です。これは、少し動かしただけでも痛みが出るのが特長ですが、この場合、病院にて石灰を溶かす治療方法があります。

 

 

 

東京整体四十肩/五十肩

 

 

 

 

 



*整体で行うこと

 殆んどの場合、肩甲骨と腕との間にある筋肉に萎縮がみられます。しかし自覚症状は、肩の前面と後面の奥。何故ならば、その部分に、肩甲骨と肩の間を繋ぐ筋肉が付着しているからです。

 その部分に感しては、直接的に筋膜を緩める操作が必要になる場合があります。

 他にも、萎縮している筋肉を支配している神経経路を解放させてあげることもします。

 

 

 

 

*まとめ

 そもそも、筋肉が萎縮してしまった原因を考える必要がありそうです。私は、こういった症状をお持ちの方によくおすすめするエクササイズがあります。

 ひとつは「鳥のように飛ぶ」ということ。???と思われるかも知れません。人間は飛べませんから。しかし、鳥の手羽先の部分の萎縮にあたります。鳥が四十肩、五十肩かなったら大変ですけどね。

 やり方は簡単。肩甲骨から天使のように羽根が生えたと過程して、バタバタやるイメージです。すると、だいたい右か左に墜落する動きになりませんか?真っ直ぐに飛べるように頑張ってみてください。

 

東京整体天使の羽根

 

 もうひとつは、歩くときに、前後に大きく腕を振ってみること。どちらかの腕が前に行きずらく、どちらかが後ろへ行きずらい。

 これも四十肩、五十肩の予備軍です。最近だと、ストックを両手に持って歩く運動がありますが、あれはなかなか良くできていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

広域地図


大きな地図で見る