東京整体各種症状

 

 

種の症状について

 

東京整体各種症状

 

 ご活用方法の場所でも述べましたが、整体は本来は症状に対して行うものではありません。ですから「効果のある症状は?」と聞かれると、一番困ってしまうところです。

 

 しかし、下記の症状がある方は、特に整体を受けられるメリットが大きいと思います。

 

*腰痛

*仰向けになったときの腰痛

*ギックリ腰

*椎間板ヘルニア

*肩こり

*鞭打ち

*腕の痛み

*腱鞘炎

*耳鳴りとめまえ

*背中の痛みと肩甲骨の内側の違和感

*骨盤の歪み

*生理痛・不妊症

*自律神経失調症

*顎の痛み・顎関節症

*頭痛

*膝の痛み

*四十肩・五十肩

など

 

 

 脳にとって、身体が心地の良い状態に持ってゆくことが整体です。それによって、自己治癒する機会が身体に与えられるのです。

 

 当然のことながら、特定の問題について、特定部位に施術することはありません。

 

 それを行うのは、病院であって医師の治療という仕事になります。

 

 

 しかし、たいていの人は、整体をお探しになる理由は

 

 「病院の治療方法に効果がなかった」

 「異常が無いと言われたけど痛い」

 「リハビリに通っても一向に改善しない」

 「投薬治療に疑問を抱いている」

 

 等の理由からだと思います。

 

 ですから、医師の仕事と違った視点から体を分析し、医師とは違ったアプローチをするのが整体の存在意義です。

 

 理屈は簡単。

 

 医療は症状に対してどこまでも

「限局化してマクロ単位まで視点を狭めて分析する」

 

 一方我々整体は、症状にはこだわらずに

「局所から全身に広げて原因を分析する」

 

 という、大きな方向性の違いがあります。

 

 勿論、どちらが優れているとは全く思っていません。しかし、一般的な病院の診断と治療で、症状が全く改善しないようであれば、それは視点を変えて分析してみる必要がると考えるのが「固定観念」の無い、柔軟性のある人の考え方ではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

広域地図


大きな地図で見る