東京整体頭痛

 

 

頭痛の整体について

*頭痛のいろいろ

 

 頭痛の多くは、頭の血管が拡張して起こります。いずれも神経の機能異常によって起こるのが殆どです。症状としては「前頭部の痛み」「こめかみの痛み」「後頭部の痛み」「目の奥の痛み」「吐き気」などがあります。

 

 

 頭痛について細分化すると下記のようになります

・偏頭痛

・群発性頭痛

・緊張性頭痛

・血管系の疾患による頭痛

 

 最後の疾患は、病院での治療が必要ですが、それ以外はどれも、原因は曖昧。いずれも血管の拡張によるもとまでは言われていますが、根本的解決策を医療機関で聞いてみても「・・・・」です。

 

 本格的に頭痛が発症すると、臭いや光といった、目や鼻からの刺激の強いものを嫌がります。逆をいうと、それらの刺激が脳にとって嫌なものであれば、頭痛の原因にもなるということです。

 

 

 

頭痛の原因のひとつ

東京整体頭痛

 

 

 他にも、ホルモンの分泌が急変動して頭痛が起こることもあります。特に女性のかたは、ホルモン分泌が、一ヶ月の中でも波があり、女性に頭痛が多いのはうなずけます。

 

 

 

 

*整体で行うこと 

 一般的に行われるマッサージは確かに効果がありますが、殆どが一時的な効果にとどまります。

 東京整体GEN流院では、まず自律神経の働きが正常に行われるように、後頭部の可動性が改善するまで身体を調節してゆきます。殆どの場合、頚椎部分に十分な柔軟性が出ると、手足が手足が暖かくなってきて、急激な眠さが訪れます。

 これは、目や鼻などから入った、脳が好まない刺激に抵抗していた脳が、ようやく防御体制(緊張)から通常モードに切り替わったことを現しています。

 

 頭痛がどうしても酷い場合には、頭を氷で冷やす処置も有効です。しかし、ただ冷やすだけでは改善までには至らないため、次のような応用方法を試してみるとよいでしょう。

 頭痛の現象のひとつとして、脳の血管拡張が起こるとご説明しましたが、これは、大切な場所に血液を集めようとする緊急的措置。その分手足が冷たくなるのです。この間逆のことをやります。

 つまり、頭を冷やして手足を暖める。更に、足先を上下に反らす運動をすると効果的です。5分くらい続けたら、今度はその反対、頭を暖めて、手足を冷やす。これを数回繰り返し、少々睡眠をとると良いでしょう。尚、睡眠の時に限らず、出来るだけ暗い部屋で、音が無い空間で休むのが最適です。

 

 

 

 

 

 

 

 

広域地図


大きな地図で見る